主要SNSのBot紹介

ホーム » Facebook Messengerで条件を提示して物件探しBot【ヘヤジイ】

Facebook Messengerで条件を提示して物件探しBot【ヘヤジイ】

, / 815
Facebook Messengerで条件を提示して物件探しBot【ヘヤジイ】

ヘヤジイ

 

物件探しはとっても大変

物件の悪いところは、住んでみて初めて判るもの。それでなくても、足を棒にして物件をめぐるのもかなり大変です。そんな人にお勧めな、Facebookで物件探しBotをここではご紹介します。
このFacebookBotは、メッセンジャーでAIとのコミュニケーションを展開していく中で、自分にあった物件を探すことができます。
さまざまな条件などを順番に入力していくことで、条件にあった部屋を見つけることができるスグレモノです。(※現在東京限定)

shutterstock_129797951

 

お部屋探しのキャラクター ヘヤジイ

メッセンジャー越しにヘヤジイというキャラクターAIとの会話をします。通常物件を探すには、ネット上のサイトで絞ったり、不動産屋さんで探す必要があります。
しかし、サイトによっては膨大な中からうまく条件を絞れなかったり、またさまざまな物件を見学に行っても足元を見られたりと、なかなか一筋縄ではいかないのが現状。

その反面、このBotでは写真つきで指定した条件あたりの物件をピックアップしてくれるため、その手間が省けることでしょう。わずらわしい選別作業をアシストしてくれる、これまでにないBotに仕上がっています。

簡単に物件情報を絞込み

最寄り駅、家賃、その他部屋の特徴を入力することで、Botがその条件にあった物件を表示してくれます。
最寄の駅の範囲がピンポイントでなく、幅を持たせて作られているので、多少離れていても良い物件を紹介してくれるなど、大変助かります。

何より、無駄な物件を見ることなく、なかなかうまく絞り込むことができるので、部屋探しで頭を悩ませている人はとても重宝するでしょう
shutterstock_265126766

 

使い方詳細

メッセンジャーを起動すると、具体的な条件の入力を求められます。スペースなどで区切って、次々と条件を入力していきましょう。「フローリング、ユニットバス、4万円、東京駅」などといった風に入力していくと、該当する候補を表示してくれます。
写真つきでそれぞれの概要を余すことなく表示。複数ある場合は、スクロール形式で他の候補も同時に見ることができます。それぞれの候補は、より詳細を見るボタンと見学希望ボタンがついており、気に入った物件だけをピンポイントに調べ、気軽に下見することができるでしょう
検索条件をリセットすれば、なんどでも検索できますし、規定外の言葉を入力することで総合メニューを表示できますから、条件を確認したり、リストを表示するなどアプリ的にも使用できるでしょう

まとめ

どうでしたか。部屋を探すときに大切なのはなんといっても条件ですが、最後は「ここ!」というフィーリングも大切です。せっかくの新しい新居なのですから、少しでも気に入ったものを選びたいのは誰しも同じです。

今まで情報が多すぎて疲れ、失敗してきた人にとっては、まさにのどから手が出るほど欲しいアプリといえるでしょう。是非お試しください。