主要SNSのBot紹介

ホーム » Facebook Messanger専用チャットBot【fanp(ファンプ)】

Facebook Messanger専用チャットBot【fanp(ファンプ)】

, / 537
Facebook Messanger専用チャットBot【fanp(ファンプ)】

fanp(ファンプ)

 

 

ビジネスツールとしてのフェイスブック

フェイスブックの”繋がり”を重視した新しいビジネス展開方法を実現できる新しいSNSボットが誕生しました。世界の月刊アクティブユーザー数20億人で、1日でも12億8,000万人を越え、日本でも2,800万人が利用するSNSの王者、そして先駆的な存在のフェイスブックですが、中でも近年では従来のビジネスPRから、ビジネスツールとしての活用が注目されています。その一つが、フェイスブックの機能の一部を活用した、外部サービスとの連携で、フェイスブック・メッセンジャー機能を応用したボットがfanp(ファンプ)です。

 

メッセージ機能が大活躍!

フェイスブックのメッセージ機能を活用することで、他社とは違う宣伝効果もあります。フェイスブックでは、友達や仕事仲間同士で繋がりを持ちながら、例えば「中古のカメラを安く譲ってくれないかな?」といったメッセージをタイムラインに投稿し、メッセージ機能(チャット機能)から、「~ならあるよ。」と写真付きで持ち物の交換などを行う事が頻繁に行われています。これをビジネスで応用し、自分のフェイスブック内コミュニティで、メールマガジンや企業の最新情報、求人情報や情報収集に活用しているというわけです。しかしfanp(ファンプ)はそれだけの機能を提供しているわけではありません。

 

LINEBotとは違う利用価値がある!

アクティブなログインユーザーに積極的に働きかけることが可能、こういうところは通常のLINEボットにはありません。通常のメールマガジンの場合は、販売するサイトに自分のメールマガジンを登録し、それを購入者がお気に入りや通知を貰って、情報を知るなどのユーザー主導型のサービスが大半です。それをfanp(ファンプ)では、視覚的にメッセージの注目度をグラフ化して視覚化、つまり自分のファン層の行動をつぶさに観察して分析出来る特徴があります。しかもそれだけではなく、チャットメッセージを個別の読者向けに提供し、パーソナライズして届けることも可能となり、通常のメールマガジンではただ宣伝するだけの手段が、チャットそのものを定期的な情報発信ツールとして活用できるようになっています。使い方は実にカンタンで、fanp(ファンプ)と契約し、自社や個人のフェイスブックのユーザーページと紐付けするだけです。

 

リーズナブルなサービスです!

LINEと違って、発想の転換で競合他社が少ないのと、契約することでスマホにフェイスブックのチャット機能がそのまま表示されて、そこから様々な情報をファンや複数のユーザーに伝える事ができます。つまり、わざわざその度にフェイスブックページを開く必要はありません。LINEは確かにユーザー数では膨大ですが、ビジネスツールとしては、メールマガジンのような長文のコンテンツを提示するには、LINEシステムから外部のサービスにユーザーを接続させる誘導手段が必要です。フリープランなら50人まで、ボット数2で始められるfanp(ファンプ)は、本格的に導入すれば、月22,000円のリーズナブルなプランで、10万人のユーザーを登録でき、同じ個別向けのコンテンツを同時に発信することが可能です。企業で管理者数もPROプランなら無制限、集客用プラグインも含めた全機能を利用できます。

 

まとめ

現在は「ニッチな市場」が非常に注目され、普遍的で一般向けよりは、需要を絞って高い情報を提供する企業が、どの業界でも有利なのです。自社独自にアプリ開発も不要、全てのユーザーにアプローチしない点で、fanp(ファンプ)は非常に注目されるSNSボットです。